セミナーレポート

【TBA】11月のセミナー&懇親会に参加してきました♡

こんばんは、石川ゆかです。

先日、私が参加している相羽みうさん主催のコミュニティ「Tiara Business Academy」のセミナーと懇親会に参加してきました。

先月は参加できなかったので、とても楽しみにしていて、たくさん勉強をしてきたので、皆さんにシェアをさせていただきたいと思います。

パレートの法則

パレートの法則は2:8の法則とも言われるのですが、経済活動において全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説のことです。

例えば・・・

    • 企業の売上の8割は、全従業員の2割の従業員で生み出している。
    • 企業の売上の8割は、全体の2割の顧客が生み出している。
    • 商品の売上の8割は、全商品のうち2割の商品が生み出している。
    • 物事の本質の8割は、2割を見ればわかる。
    • 100匹のアリのうち、よく働くアリは2割だけ。

 

などなど、いろんな分野に当てはまる法則なんです。びっくりですよね!!大事なことは全体の2割しかないんです。

 

新しいことを始めた時って、やることが多すぎて時間が足りない!!と思うことが多いですよね。例えば、新卒で入社をした時、覚えることがいっぱいで頭がパンクしそうになったり、1日でやらなきゃいけないことがたくさんあるのに、1つ1つに時間がかかって、終わらない〜とパニックになったことありませんか?

そんな時に思い出して欲しい考え方が「仕事の成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出している」ということなんです。

 

ということは、しっかり優先順位をつけて、重要なことから終わらせていけば、最短で成果が出せるようになる!!ということなんです。

じゃあ、どうやって優先順位をつければいいのかということをご説明していきますね♡

優先順位の4つの分類

こちらの図をご覧になったことはありますか?

これはフランクリンプランナーの「時間管理のマトリックス」です。いろんなタスクを4つの領域に分類するタイムマネジメント方法です。

第一領域

第一領域は「緊急で重要なタスク」。例えば、期日直前のタスクやお客さんの対応、クレーム対応などです。ここを最優先にやらなければいけないのですが、ここのタスクが増えてしまうと、日々、タスクに追われる生活になってしまいます。

今の私にとっては、ブログメルマガアフィリエイトを使って自動で稼ぐ仕組み作りや読者さんとのコミュニケーションがここに分類されます。

第二領域

第二領域は「緊急ではないが重要なタスク」。緊急性はないのですが、非常に重要度の高いタスクがここに分類されます。例えば、勉強や人間関係づくりなどです。豊かな生活をしていくためには、ここのタスクに注力することが大事だと言われています。

今の私にとっては、メルマガを伸ばすことや勉強、wordpressやyoutubeなど資産になるコンテンツを更新することです。

第三領域

第三領域は「重要ではないが緊急のタスク」。ここが1番厄介な分類です。重要度は高くないのに、緊急性があるタスクなので、例えば、突然の来客や、無意味な電話やメール、無意味な人付き合いなどです。

私はこの領域のタスクを「お邪魔虫」と呼んでいます。だって、やりたいことを妨害するんですもん!!そして厄介なことに、第一領域だと錯覚してしまうようなタスクが紛れているんです。

今の私にとっては、アメブロやSNSなどの資産にならないコンテンツの更新、ブログのデザインにこだわることなどがここに分類されます。

第四領域

第四領域は「緊急性も重要性もないタスク」。例えば、テレビやSNSをだらだら見ることや、必要以上の息抜き、必要以上の長話、必要のない会議などです。ここは0にするのがいいですね。

第三領域を第二領域にしよう

お邪魔虫の第三領域ですが、やり方を考えれば、第二領域にすることができます。それは「目的意識を持つこと」です。

毎日更新することが目的になって、適当に書いたブログは第三領域になってしまいますが、しっかり目的を持って書いたブログは価値を持ちますから、第二領域になるんです。

やるべきことがあるのに、「勉強になるかもしれないから」と似非ポジティブに理由をこじつけて受けた1DAYセミナーは第三領域ですが、学んだことをWordpressにまとめたり、youtubeで動画を撮ったりすれば、それは資産になります。資産になるコンテンツを作るということは、第二領域「価値」です。

 

つまり、どの領域になるかは「自分次第」だし、「タイミング次第」でもあるということ。なので、その都度、しっかり考えて、自分と向き合って、決めていかないといけないんです。

逆に言うと、全体像を俯瞰してから決めていかないと、第一領域だと思っていたものが、実は第三領域だった・・・と言うことが起こってしまうのです。それが第三領域が「錯覚」だと言われる所以です。

仕組みを作ると・・・

自動で稼ぐ仕組みを作るということは、第一領域を減らして、第二領域に注力できるようになるということです。一度ある程度の仕組みができてしまえば、勉強をしたり、ブログやyoutubeといった資産になるコンテンツを増やすために時間を使うことができるようになります。

そして、集客をするために、アメブロやSNSなどの資産にならないけれど、人を集めやすいコンテンツを増やしていくこともできるようになるんです。そうすれば、どんどん好転していきますよね。

 

ちなみに、第一領域が多いと、真反対の第四領域も多くなるんです。やらなければいけない緊急のタスクに追われていると、張り詰めていた緊張の糸が切れた時に、反動でやらなくても良いことをしてしまったり、ぐで〜っとしてしまったりします。

 

自動で稼ぐ仕組みを作るまでは、やらなければいけないことが多いです。メルマガを書いて、販売する商品を考えて、セールスレターを書いて、ブログ書いて•••と同時進行でやらなきゃいけないことがたくさん!!

でも、そこさえ乗り切ってしまえば、あとは第二領域の「価値」をどんどん作り出して、読者さんに提供することに注力できるようになるんです。

まとめ

「時間がない!!」「忙しい!!」が口グセの人ほど、実は無駄なことをやっていることが多いですし、成績のいい人ほどヒマそうにしています。私の職場の先輩もそうでした。

朝、すでにどの順番で取りかかればいいのか、何時までに終わらせるのかというのがしっかり決まっていて、仕事が捗っていました。そして、イレギュラーなことが起こった時も、その対処をどこにはめ込むのか、瞬時に決めることができていたんです。

一方で、成績が伸び悩んでいる人は、いつもやることがいっぱいで、目についたものからやっていたり、同時進行していたりしました。

 

私は会社員として働き始めたときに、この「優先順位の付け方」を身に付けたので、どの作業をしようか迷うことはありません。さらに、ネットビジネスを始めてから学んだ「エッセンシャル思考」を掛け合わせることができたので、子育てで時間が取れなくても、前に進めることができています。

優先順位の付け方を身につけると、日常生活も変わります。毎日の家事や育児、お出かけ、勉強•••バランスよく時間を組み立てることができるようになるんです。

 

ぜひ、毎日なんとなーく決めていた1日のスケジュールを見直して見て下さい。それだけで、自分の時間を増やすことができて、充実した1日を過ごすことができるようになりますよ♡

ABOUT ME
石川 ゆか
1歳の息子の子育てをしながら、在宅で好きな時間にお仕事中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です